個人情報保護基本方針

株式会社システムメイク(以下「当社」といいます)は、預かった個人情報(当社従業員情報を含む)の保護に努めることを社会的責務として認識し、すべての役員及び従業員(嘱託・臨時従業員及びパートタイマを含む。)は、 社内に個人情報保護マネージメントシステムを確立し、その運用と維持並びに継続的改善を以下の指針に沿って推進します。

  1. 個人情報の取得システムの設計から開発・運用までをトータルに提供する情報処理サービス企業として、 当社が取り扱う個人情報の内容及びその規模は、当社事業内容や事業規模を考慮するとともに、取得する際は、 予めその利用目的を公表している場合を除き、本人に文書またはそれに代わる方法で取得目的を明確にし、 その目的の範囲内に限り取得します。
  2. 個人情報の利用取得した個人情報の利用においては、その収集目的から逸脱しない範囲とします。 また、目的外利用を行わないために、適切な管理措置を講じます。目的外利用を行う場合は、 その目的を明らかにし、あらかじめ本人に承諾をいただきます。
  3. 法令遵守当社が保有する個人情報に関して適用される法令、国が定める指針、その他の規範を遵守します。
  4. 個人情報の適正な管理と安全処置当社において個人情報を取り扱う際は、適切かつ厳重な管理を行うこととし、個人情報に対する不正アクセス、 紛失、改ざん、破壊、漏洩を防ぐ為の適切な安全処置を行います。万一漏洩等の事件・事故が発生した場合は、 速やかな対応と原因の調査を行い、再発防止ならびに是正を確実に行います。
  5. 個人情報マネージメントシステムの継続的な改善個人情報保護マネージメントシステムを運用するに当たり、個人情報保護体制の下で、教育、運用、監査、 見直しなどを通じて継続的改善を実施します。
  6. 取り扱い委託された個人情報について当社は顧客よりシステムの開発並びにその維持の為に取り扱いを委託された個人情報は、当該業務のみに使用し、 決して他の目的に使用いたしません。

特定個人情報保護基本方針

当社は、特定個人情報等の適正な取扱いの確保について組織として取り組むため本基本方針を定めます。

  1. 関係法令・ガイドライン等の遵守当社は、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」、 「個人情報の保護に関する法律」及び「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)」を遵守して、 特定個人情報の適正な取扱いを行います。
  2. 安全管理措置に関する事項当社は、特定個人情報の安全管理措置に関して、「特定個人情報取扱規程」を定め運用いたします。※個人情報に関する苦情や相談等について苦情や相談等につきましては、下記の個人情報ご相談係までご連絡ください。

 

 



制定日 2005年 9月 1日
改定日 2018年11月30日



個人情報の取り扱いについて

  1. 個人情報の収集と利用について
    当社は、当社のウェブサイトにアクセスしてきた方の個人情報に関して、ご本人の同意なく無断で収集・利用することはありません。
  2. ウェブ上での個人情報収集について
    当社のウェブサイトへのアクセスに対して、当社はログを取得しております。 但し、当該ログは当社サイトの運用に関する統計的な資料、および不正なアクセス等の原因調査の為のものであり、決してそれ以外での利用はいたしません。
  3. 他サイトでの個人情報保護について
    当社は、当社のウェブページにリンクされている他のウェブサイトにおけるお客様の個人情報等の保護について、 当社は責任を負うものではありません。
  4. 個人情報の利用目的について
    当社は、以下に掲げる利用目的の範囲内で個人情報を利用します。
    • システム開発等の受託業務において、その契約の履行のために必要な範囲内での取り扱い
    • 従業員、退職者等の雇用および人事管理
    • 採用応募者への連絡および採用選考
    • 電話等による問い合わせ等への対応
    • 監視カメラ映像による施設の入退室管理及び防犯活動
  5. 開示対象の個人情報に関する連絡

(1)開示対象の個人情報の利用目的
 当社は、開示等(利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止)を求める権利を有する個人情報は、次に示す利用目的の範囲内で取り扱います。

      • 従業員、退職者等の雇用および人事管理
      • 採用応募者への連絡および採用選考
      • 電話等による問い合わせ等への対応

(2)開示等を求める場合の手続き(手続きに要する手数料は原則無料)

①請求の申出先
 以下の当社個人情報ご相談係まで「個人情報の開示等の請求」の送付をご連絡ください。
 連絡方法は電子メール、電話または郵便にてお願いします。




②「開示等の請求」に際してご提出いただく書面

      1. ご本人が請求される場合
        当社から「個人情報の開示等の請求」が届きましたら、必要事項にご記入の上、下記ご本人であることを証する書面のうち、いずれか1通のコピーとともに配達記録が残る方法でご郵送ください。
        • 運転免許証
        • パスポート
        • 健康保険の被保険者証
        • その他本人確認できる公的証明書
          (いずれの場合も本籍地の情報がある場合は黒く塗りつぶしてください。)
      2. 代理の方が請求される場合
        「個人情報の開示等の請求」、「代理の方を証する書面」(上記ⅰ)のいずれかの書面)の他、下記、請求される方との関係を証する書面を1通、配達記録が残る方法でご郵送ください。
        • 代理の方が請求される方の親権者の場合 → 戸籍謄本
        • 代理の方が請求される方の成年後見人の場合 → 成年後見登記事項証明書
        • 代理の方が請求される方の任意の代理人の場合 → 委任状
          (本籍地の情報は黒く塗りつぶしてください。)

③「開示等の請求」に対する回答方法
 原則として、請求書記載のご本人さま住所宛に書面にて回答を配達記録が残る方法で郵送いたします。
 尚、「開示等の請求」にともない取得した個人情報は、開示等の請求への対応に必要な範囲に限り取り扱います。
 但し、以下の場合には、「開示等の請求」にお応えできない場合があります。
 その場合は、その旨と理由をご通知申し上げます。

      1. 利用目的を本人に通知、又は公表することによって本人、又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害する恐れがある場合。
      2. 利用目的を本人に通知、又は公表することによって当社の権利又は正当な利益を害する恐れのある場合。
      3. 国の機関又は地方公共団体が法令の定める事務の遂行する事に対して協力する必要がある場合で、利用目的を本人に通知し、又は公表することによって当該事務の遂行に支障を及ぼす恐れがある場合。

(3)開示等対象の個人情報の取扱に関する苦情の申出先
 請求の申出先に同じ